古都はん、祝☆1歳

0
    みなさま、こんばんは☆
    水曜日になりました。
    rutrukoの部屋曜日です。

    2019年4月15日
    古都はん、1歳になりました!

    みなさまには日頃より成長を温かく見守っていただき、感謝しております。
    ありがとうございます。

    「4月15日生まれ」というご縁で、我が家に、そして2代目cafe sora看板犬としてやって来てくれた古都はん。

    これまでの色んな経緯や、後悔や反省もあり、「古都育て」についはどうしても慎重かつ神経質にならざるを得ませんでした。

    しかし看板犬である以上、愛想の良さや社会性は兼ね備えて欲しい。
    生まれ持った性格もありますし、古都には「のびのびしていて欲しい」希望も。

    こちらの神経質さが古都に伝わると良くはないなと思いつつ、やはり慎重になります(笑)

    1歳を迎えた今、どうでしょう?

    私たち家族の想像を超えて、よく言えば、「のびのび天真爛漫」に成長してくれてる様に感じています。

    お客様がいらっしゃれば、お席までついていき、ご挨拶(笑)

    これは、きっと、うみが教えてくれたと信じています!

    言い方を変えるなら、古都の身体にうみが宿っている、
    もしくは、古都の身体を借りて、うみが帰ってきている、といった感覚です。

    決定的にそれを感じる事は、古都とうみが似てきた事実!

    目の大きい子を連れて帰ってきたはず…だったのですが、気付けば、「古都はん目、小さっ!」

    これは、もう絶対うみの仕業なのです!
    うみは目の大きい可愛い子にはやたら厳しかった(笑)
    完全にコンプレックス!

    古都が自分より可愛くなるなんぞ、許せるはずのないうみです!

    よって、古都とうみは似てるのです(笑)

    ワンちゃんのお友達が多いのもうみ譲り。

    時々偉そうに言ってみたり、気心の知れたお友達とはケンカもあるけれど、古都にとっては日々勉強。

    ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。



    では「古都グラフィー」




    本当の「はじめまして」はブリーダーさんに送って頂いたこの写真でした。




    「はじめまして、古都ちゃん」とお名前を呼びドキドキしました。




    お家に来て、ハルじぃと初対面。




    おもちゃ好きはこの頃から。




    ヘソ天で寝るのが定番。




    とりあえず、ヤンチャが過ぎて目が離せなかった頃。




    初出勤日。
    ブルブル震えていました。




    初めてのシャンプー。
    完全に逃げ腰。




    この頃「101号室」の住人はハルじぃだった!(笑)




    お店に少し慣れてきた頃。
    足が伸び、目が小さくなり始める。(笑)




    初めてのメリークリスマス。






    古都はとりあえずハルじぃが好き過ぎた!

















    最期、必死にハルを呼ぶ古都。





    そして、大好きなハルじぃとのお別れ。





    ここまで長かったような、短かったような、色々あったなぁ。(しみじみ)

    とにかく、健康で楽しく過ごせますよう、願っています☆



    今、cafe soraでは古都はんの1歳を記念した撮影セットでお友達と一緒にお写真を撮って頂いています。

    そちらについてはまた順次アップさせて頂きます♪♪




    これからもよろしくです♪♪

    そして、引き続き、お誕生日プレゼントを頂戴しましたお客様方、本当にありがとうございます!
    どうぞ本当にお気遣いの無いよう、よろしくお願い致します!



    そしてそして。
    最後になったけど…


    うーたん、ありがとう!
    (私とSさんが好きな写真)



    それではまた来週の水曜日にお会いしましょう。

    ごきげんよう。

    rutruko


    明日は健康診断へ!

    0
      こんばんは☆
      水曜日になりました。
      rutrukoの部屋曜日です。


      古都はんはもうすぐ1歳を迎えます。

      おかげさまで、ここまで大きなケガや病気もなく、すくすくと育ってくれました。

      1歳を迎えるにあたり、健康診断をしておきます。

      血液検査
      尿検査
      腹部エコー
      レントゲン

      以上を予定しています。

      4月と5月の2回に分けて、以上の項目をしてもらいます。

      さすがに、1歳では病気は見つからないと信じて願っております。

      エコーやレントゲンは古都の「通常」の状態、例えば臓器の大きさや位置などを今後病気になった時の参考値にしてもらえるよう、先生と相談し、撮っておいてもらうことにしました。

      これはうみの経験を経て、そうしておこうという事になりました。

      うみは肝臓の位置が、普通の子に比べて時計回りに少しずれていると言われていました。

      肝臓を撮ろうとすると、肝臓がなく、先生が?となり、「うみちゃんの肝臓がどこにあるのか探しました」とよく言っておられた言葉を思い出します。

      内臓の事は外からではわかりませんからね。

      先ずは、明日の朝、スムーズにオシッコ採集ができるか?!



      そして、お誕生日前にも関わらず、プレゼントを頂戴致しましたお客様、ありがとうございます!




      おもちゃが好きすぎる古都は新しいもの好きでもありますので、それはもう大変喜んでおります♪♪




      ありがとうです♪♪♪♪



      お散歩も喜んで行ってくれるのは嬉しいのですが、この時期、花粉やら黄砂やらで一回行くだけで真っ黒になります(泣)


      この日は甥っ子のれお君と一緒に行きました!

      綺麗な桜が散ると、毛虫が出始めますので、くれぐれもお気をつけ下さい!
      ノミダニの予防薬もお忘れなく!



      今日のおまけ

      とある日、Yahoo開いたら、出ていた求人広告




      〜100歳ぐらいまでって!
      100歳までモニターできたら、あっぱれ!



      それではまた来週の水曜日にお会いしましょう。

      ごきげんよう。

      rutruko


      古都の日常

      0
        みなさまこんばんは☆
        水曜日になりました。
        rutrukoの部屋曜日です。



        古都の一日はお手入れから始まります。



        お口が小さいので、人間の赤ちゃん(乳児用)の小さい歯ブラシで歯磨き。

        歯に関しては、歴代4頭、「ちゃんとしておけば良かった」と後悔と反省しかありませんでしたので、古都は何が何でも歯磨き習慣を!と。

        永久歯に生え変わったか頃から、歯ブラシに慣れさせる練習。


        今では…





        歯磨き中は、目を閉じて無の境地。
        (歯ブラシにつけているものは「犬口ケア」)

        そして、涙やけケア。
        (レクシーペッツのA gミスト)


        髪の毛を整え、一旦お昼寝。
        お昼寝は14時頃まで。

        起きて、合間を見つけて、ブラッシング。
        (ブラシはピンブラシ)

        そのあとは、カフェにて看板犬。

        と思いきや、




        棚に置いてある、売り物のおもちゃが気になって仕方ない




        取れ取れとうるさい。




        我慢できずに、強行突破。



        挙句、叱られる。




        すると、寝たふり。
        (これ、マジです)

        どないやねん!




        特選和牛をあげよう!



        古都はんにじゃないよ。




        4/1生まれのシュー子ちゃんに!
        (sさんちの猫さん)
        うみと同じ年、同じ月の9歳。
        ちなみに、シュー子は私が勝手に呼んでるあだ名。
        本名はシュシュという、可愛いお名前。
        しかし、どうも私はしっくりこないので、あだ名で呼んでいます。(笑)

        特選和牛は猫さんの「蹴りまくら」というおもちゃらしいのですが、猫さんの生態がよくわからない私は、「何やろな?」と思いながら買ったという。



        先日、新元号の発表がありましたね!

        令和
        なかなかお洒落な響きです。

        ワクワクするな♪♪





        逆さにして見てみて!
        見えてきたかな?

        ここでお得情報を1つ!

        西暦を令和年に計算する方法。

        令和
        れいわ
        018

        西暦から18を引いたら令和の年がわかります。

        2019-18=令和一年、令和元年

        覚えやすいですよね♪♪


        今日はめちゃ早投稿!


        それではまた来週の水曜日にお会いしましょう。

        ごきげんよう。

        rutruko


        久しぶりに…撮影セットを担当

        0
          皆さま、またまた金曜日!
          本当にバタバタしていてごめんなさい。
          rutrukoの部屋です。




          rutruko、久しぶりに撮影セットを組みました!






          背景の柄に一目惚れ!

          強いてタイトル付けるなら
          「アジアの朝市」

          季節感なんにも関係あらへん。(笑)

          でも、これは、絶対に、ばえる!

          皆さまも楽しんで下さ〜い♪♪

          本当は古都はんの1歳のお誕生日記念セットを探していたのですが、すっ飛んだ次第です。

          古都はんのセットは引き続き考えます(笑)



          そして、




          古都ハウスの表札を、cafe soraアルバイトの、ゆなちゃんが作ってくれました♪♪


          桜が少しずつ咲き始めましたね!

          古都はんもお散歩が少しずつ楽しくなってきたようです。

          嬉しいな〜♪♪

          それでは、来週こそは水曜日に!お会いしましょう。

          ごきげんよう。

          rutruko


          古都のワンルーム

          0
            みなさま、こんばんは☆
            金曜日です。
            rutrukoの部屋曜日済んでますが
            rutrukoの部屋です。


            今週水曜日はバタバタしていて、どうしても更新ができませんでした。
            ごめんなさい!


            さて、最近の古都はんのブームは






            見えました?

            あそこに入るのがブーム!

            気がついたらあそこにいてます(笑)

            あの狭さが落ち着くのでしょうか?


            ある日は







            7ヶ月ボーイのカイくんとの遊びの途中に、1人サッサとワンルームへ。


            そして、またある日は、

            空(くう)ちゃんとの遊びの途中で。

            くうちゃんといえば




            そう、うみの「初代公認彼氏」でした!



            そんな、くうちゃんとの遊び?が面白すぎました!




            リードを引っ張りながら、ワンルーム。




            くうちゃん、ママに助けを求める。




            くうちゃん、完全に困り果てた顔。



            みんなで大爆笑!

            どうやら、私んちの女子達には尻に敷かれてしまう、優しいくうちゃんなのです。




            近々、表札作ってあげるわね!



            それではまた来週の水曜日にお会いしましょう。

            ごきげんよう。

            rutruko


            絵になるハル

            0
              みなさまこんばんは☆
              水曜日になりました。
              rutrukoの部屋曜日です。



              楽しみにしていたものが、手元に来ました!




              実はハルの絵を描いてもらっていました!




              この写真を元に描いて頂きました!






              新進気鋭の若き画家
              大谷一生さん。

              ある方の紹介で描いてもらう事になりました。
              絵だけをもらいにいくつもりが、なんとご本人に会えるという、ラッキーな展開。

              直接お礼を申し上げられたのと、この絵を見てると、ハルが生きてるように見えてきて、「なんでやろう?」とよ〜く見ると、ハルの目が生きてるように見えるんですよね。
              それを一生さんに伝えると、ご本人も「目は魂を込めて描きました」と仰ってました。

              アーティスティックなんだけど、可愛い。
              可愛いけど、アーティスティック。

              そんな作品です。


              某有名俳優、女優さんのペットの絵も描いてはるとの事。

              ちなみに一生さんは綾野剛に似てる雰囲気。(イケメン)

              もし、一生さんの絵に興味がおありで、「うちの子も描いてほしい!」という方がいらっしゃいましたら、私までご連絡ください♪
              (お値段等、詳しい内容お知らせ致します)



              サイズはA4サイズです。
              プレゼントとかにもいいのかもですね。

              実際のものをcafe sora店内に飾りますので、ぜひ見てみて下さい!

              とても素敵な絵です☆
              (まつげが可愛い!)

              大切な宝物がまた一つ増えました。





              追伸…B Bベルトが帰ってきました!




              満身創痍な B B

              裏から革を当てがい、縫ってもらいました。

              古都が、ガン見をしていましたが、
              すぐに、仕舞いました!


              それではまた来週の水曜日にお会いしましょう。

              ごきげんよう。

              rutruko


              ちょいと、古都はん…!!

              0
                皆さまこんばんは☆
                水曜日になりました。
                rutrukoの部屋曜日です。



                うちの古都はん。




                ヌメ革のB Bベルト




                やってくれちゃったよね(泣)



                お外がどうしても好きじゃない古都。
                看板犬なので、危険を考えると、お外が怖いぐらいで丁度よいのですが、(入口ドアが開いて出てしまうといけないので)
                だからと言って、お散歩にも行けないのは、犬の本能としてはどうなのか、というところです。

                東京に行った時、soup*spoonの小島先生が、うみを見て、「この子の表情、蝋人形みたいだよ」と仰った言葉が忘れられません。
                犬が本来持っている狩猟本能や、自然を通して五感に触れる事をしないと、犬は生き生きしないと教えて下さいました。
                そのお言葉を教訓に、春になったら、お散歩を積極的にしようと、ハーネスを着ける練習をしてました。

                というのも、普段、服はほとんどと言っていい程着せてないので、着せると、カジカジします。
                ハーネスも同じ。
                服やハーネスが着けられないというのは、具合悪いので、今週よりお家に帰ったら、数時間、服を着せたり、ハーネスを着けたり、練習を始めました。

                そして、静かやな…
                と思って見たらですよ!
                あの状態…。

                着けたままカジカジ。
                ものの15分であの状態でした…。

                これは泣く!
                色んな意味で泣く!

                先ずはヌメ革B B、お安くはない。

                そしてなんと言っても、これは、うーたんが使っていたハーネスでした。




                ハルとうーたん、仲良くお散歩♪
                (2017年4月のお散歩)


                という事で、
                自宅からわりと近所のお店に今日修理をお願いしたら、快く引き受けて下さいました。









                思い出の品は、大切にしたいですもんね☆

                明日には出来上がるそうなので、はぁ…良かった!




                ちょいと、あなたの事ですよ!

                あなたにはしばらく上等のモノはあてがいません。

                気がつけば、イチゴちゃんハウスに乗り、我がもの顔でどうでしょう。

                さらに、




                オモチャを水につけ、




                こういう遊びをしたりします。

                完全に使い方間違ってます。
                色々!

                古都の発想についていけてない飼い主。
                もしくは、とんでもなく天才なのか?


                追伸…今日は久しぶりに水曜休みで早めの時間に投稿できました!(笑)


                それではまた来週の水曜日にお会いしましょう。

                ごきげんよう。

                rutruko


                古都の変化

                0
                  みなさま、おはようございます♪
                  おっと木曜日
                  rutrukoの部屋曜日過ぎちゃいました。


                  ハルが橋を渡り3週間。

                  古都の様子にも少し変化が。

                  最初の1週間ぐらいは、「あれ?じぃやんがいない。なんで?」という感じでした。

                  先生曰く、ワンちゃんは良くも悪くも忘れていくそうです。

                  ハルもうみが居なくなった当初は相当淋しそうにしていました。
                  ハルの場合は忘れていくと同時に刺激が無くなり老いが急激に進んでいきました。

                  古都の場合は、急にひとりっ子になったものですから、甘えたさんになり、家では抱っこ抱っこの抱っこ星人。

                  ハルはうみが好きで
                  古都はハルが好きで
                  好きな家族がある日突然居なくなると、ワンコ達は戸惑いますよね。

                  みんな、色んな事を受け入れながら過ごしていると思うと、命の重さを感じます。

                  そんなこんなで、ハルの若かった頃や、晩年の事やら、色々思い出しながら、過ごしています。

                  お家の中にはハルの痕跡も残っています。
                  目が見えてなかったため、鼻を壁に擦りながら家中を歩いていました。
                  ふと、壁を見ると、ハルの鼻の高さで、汚れが残っています。
                  ガラスには鼻水の跡!

                  痕跡を消したくなくて、掃除ができないでいます。

                  泣きそうになるから、まだ暫くはハルのことは書けないな。

                  とか言いながら、歴代ワンコの最期の迎え方はお話させて下さい。

                  そら(そーちゃん)はとにかくお母さんっ子でした。容態が危うくなってきて3日目、お母さんが「お仕事から帰って来るまで待っててな」という約束を守り、お母さんが帰って来るのを待って、歩く力は無いだろうに、玄関までお迎えに行き、お母さんの腕の中で最期を迎えました。凛とした姿がとてもカッコいい(女の子でしたが)そーちゃんでした。



                  茶々丸(ちゃーちゃん)は、とにかくマイペースの平和主義。ほんわかした雰囲気がちゃーちゃん。人の話を聞かない(笑)
                  亡くなる当日の朝もご飯完食、オシッコウンチもいつもどおりでご機嫌さん。
                  しかしです。
                  私達が留守の間に逝ってしまいました。
                  ちゃーちゃんの最期はハルしか知らない!
                  帰って来た時はまだ温かかったので、そんなに時間は経ってなかったと思いますが、「えー!」という展開。
                  最期までマイペースなちゃーちゃんでした。



                  うみはチューブで流動食だったのが、なぜか口からカリカリフードを食べ、家中のオモチャを集め、なぜか登った事のない階段を3段上がり、そこにあったうみのバッグに入り、翌朝も口からカリカリフードを食べ私と母をめっちゃ喜ばせてくれたのが、元気な姿の最後でした。
                  その後、容態が急変し、意識混濁状態になり病院に入院し、最期は先生に看取って頂きました。
                  私達家族には、口から食べるという、「当たり前の奇跡」を見せてくれ、散々お世話になった先生に最期を看取ってもらうという。
                  これもうみらしい逝き方だと思いました。



                  ハルは1番の甘えたさんでしたので、絶対病院とかではありえないだろうなと思っていました。ハルはとにかく私のストーカーと言われていたぐらい、私にベッタリでしたので、ハルと「最期はねぇねの腕の中やで」と約束しました。
                  ハルはとても律儀な子でしたので、約束を守ってくれて、お家で腕の中で逝きました。

                  亡くなり方にも個性は出ますよね。
                  不思議なものです☆






                  飼い主も間違えるほど
                  古都なのか、うみなのか、わからなくなる時が!




                  寝方も似てる



                  最近は紐を噛むのと、カバンに入るのがブームらしい。

                  まだまだ目が離せないヤンチャ姫です。

                  (もちろん、オモチャ投げて!の遊びも続いています)

                  それではまた来週の水曜日にお会いしょう。

                  ごきげんよう。

                  rutruko


                  もう…ヤバかった

                  0
                    皆さま、こんばんは☆
                    水曜日になりました。
                    rutrukoの部屋曜日です。


                    私のウィルス性胃腸炎の話。

                    なるだけ、マイルドに、オブラートに包んだ表現でがんばります。
                    が、お食事をしながらは読まないで下さい。


                    その異変はこの間の日曜日の夜。

                    22時半頃から始まる。

                    「お腹痛い…」

                    それをキッカケに、トイレから出られない状況。

                    いわゆる、上から、下から。

                    もう本当に、上から、下から。

                    滅多に汗かかない私が、冷や汗でもう全身ビッショリ。

                    2時間ぐらい格闘したでしょうか。

                    もう出ない!

                    上からも下からも、もう何も出ない!

                    そこまでいったと思われます。

                    一旦スッキリして、やれやれと寝ました。

                    明け方4時。

                    「お腹痛い!」で目覚める。

                    再び、トイレへ。

                    出られない。

                    小さい家ですから、私がバタバタしていたら、さすがに母も目覚めます。

                    思わず「救急行くか?」と。

                    私は時計を見ました。

                    どう考えても、このまま病院の開く9時までは絶対待てない。

                    そして救急に行く事にしたんですが、これまたトイレから離れられない状況ですので、車に乗るのも乗れない状況。

                    めちゃタイミング見て、車に乗り込み、明け方に病院へ。

                    先生は明らかドクターになりたての20代のイケメン医師。(小顔で丸メガネがやたら似合っていた記憶)

                    だ、大丈夫かな?

                    と思いましたが、今は目の前のこの先生を頼る他なし。

                    問診の中で、心当たりはありますか?と。

                    あるある。

                    絶対あれやろ、というあれ。

                    とあるスーパーで買ってきたあれ。

                    お寿司のホタテ。

                    絶対これです。

                    先生は、下からを無理に止めると、ウィルスがお腹の中に溜まってしまい逆に悪くなってしまうので、辛いけど、出るものは出してしまう他ないという事。

                    なるほど…。

                    お薬を待ってる間も、トイレ。

                    とりあえず、トイレ、トイレ。

                    帰宅したの7時前。

                    この日の仕事は絶対に無理だと判断し、Sさんに連絡。

                    この日は午後から研修に行く予定。ご予約は午前のみでしたので、百万馬力のSさんにお願いしました。

                    研修も何とか日程変更をお願いできました。

                    腹痛は翌火曜日の朝まで続き、固形物もほぼ丸2日、食べられず。

                    ようやく回復してきた次第です。

                    貝にあたると、本当にキツイ(泣)

                    本当にしんどい(泣)

                    Sさんにも言いましたが、本当に「この世のものとは思えないしんどさ」でした。

                    ホタテ大好きだったけど、もう食べない。食べられない。見たくもない。

                    Sさん、ありがとう。
                    母よ、ありがとう。
                    古都ちゃん、お留守番お利口さんでした。

                    皆さまも、ナマモノ(特に貝類)にはご注意下さいませ。

                    そんなこんなで、今日は上と下がチグハグな画像でお別れ












                    なんやねん、この急須!



                    なんともな内容のブログ、最後まで読んで下さりありがとうございました。(感謝)



                    それではまた来週の水曜日にお会いしましょう。

                    ごきげんよう。

                    rutruko


                    ハルが虹の橋へ

                    0
                      2月5日、ハルが虹の橋を渡りました。
                      14歳と10ヶ月でした。

                      ハルへの溢れる想いをいざ文章におこそうと思うんですが、どうしても手が進まない。

                      きっと私の中で、まだ想い出を振り返る段階ではないのです。

                      そんな時は無理には書かず、タイミングがきたら必ず書きますので、その時はまた読んで下さい。

                      とても穏やかな最期でした。

                      可愛い旅立ちでした。

                      「おつかれさま」の気持ちでいっぱいです。

                      ハル、ありがとう!




                      そして、




                      急なことにも関わらず、お別れに来てくださった皆様、
                      お花を頂戴しました皆様、
                      ありがとうございました。

                      普段からハルの事を気にかけ、心配してくださっていた皆様、ありがとうございました。

                      長きに渡り、ハルの事を可愛がってくださった、Nさんご一家、本当にありがとうございました。

                      最近は、お目目がなかなか開かなかったハルですが、亡くなる10日前、珍しくお目目がパッチリ開いた写真で今日はお別れです。

                      私達家族は勿論、おじいちゃんっ子だった古都も淋しそう…。

                      そのお話についても、また今度。




                      「ありがとう」



                      そして、ハルとほぼ同時期に虹の橋を渡られた、ジェームス君、モナちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

                      我が子だけでも、送るのはハルで4頭目ですが、うみを除く高齢の子は、寒い季節に旅立ってます。

                      ご高齢のワンちゃんは、この寒い季節は特に気をつけてあげてくださいね。



                      それではまた来週の水曜日お会いしましょう。

                      ごきげんよう。

                      rutruko


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座